International Coalition to Ban Uranium Weapons

Take action

Latest news

...

「東日本大震災、津波そして福島第一原発事故に際してーICBUWから日本の皆さんへのメッセージ」2011年3月27日, マンチェスター 

いくつかの大陸から、英国のマンチェスターに集った「ウラン兵器禁止を求める国際連合(ICBUW)」運営のメンバーは、地震、津波、そして人災である「核の危機」(福島第一原発事故)という、「三重の災難」にみまわれている日本の人々に、心からお見舞い申し上げます。
4 April 2011 - ICBUW

Fukushima plant 私たちは、家も家族も失い、そして核の被害に直面している人々のことを深く心配しています。被災された人々、全ての方々に思いをよせています。日本の皆さんが、この困難と悲しみにもかかわらず、お互いに助け合いながら事態を乗りこえようとしておられる姿は、私たちを勇気づけるものです。全世界の人々とともに、私たちも連帯の気持ちを表明したいと思います。

 

2006年に私たちICBUWは広島で国際大会を持ちました。広島から世界へ、劣化ウランのヒバクシャがメッセージを発しました。私たちは、戦争や核放射線による悲劇のない世界をめざすという、日本の友人たちの考えと信念に非常に感銘を受けました。そして、私たちの願いを「ヒロシマ・アピール」として表明し広めました。

 

ICBUWはウラン兵器禁止とその被害者支援のために活動しています。劣化ウラン被害者は、戦争による破壊だけでなく、それに加えてウラン兵器による放射能汚染の被害に苦しんでいます。

 

戦争と自然災害は、質的に違います。しかしながら、核事故(原発事故)による放射能汚染もウラン兵器による放射能汚染のいずれも、人間が生み出した災害であり、人間の手で、その政治的意志によって避けることができるものです。

 

ウラン兵器は、核燃料の製造過程でできる廃棄物の軍事利用です。米国内で製造された核燃料が日本に輸出され原発で使用されています。このように、日本の原発事故と、米国が使用したウラン兵器とは、いずれも核燃料を通じてつながっているといえます。米国がイラクで使用したウラン兵器によって、人々が放射線にヒバクしています。私たちは、「人間がもたらした放射性物質の使用」という、同じ敵と危険に直面しているのです。

 

どんな低線量の放射線でも、何年も後になってがんや白血病を引き起す可能性があります。それは事実です。低線量放射線は、直ちに危険を及ぼすとはいえないかもしれませんが、最終的にはなんらかの健康影響をもたらすのです。低線量被曝を、医療被曝や自然のバックグラウンド放射線と比較することによって、軽視することは正しくありません。私たちは、日本で、適切な緊急時の放射線防護対策が、速やかにとられることを望みます。感受性の高い、子どもたちや妊婦を守る配慮がなされるべきです。損傷を受けた原子炉の危機が速やかに収束し、労働者と住民の危険が最小限に抑えられるよう願っています。この「三重の災害」にみまわれている人々が、一日も早く、生活を取り戻し、新たな再出発をできるようになることを願っています。

 

私たちは、日本の人々とともに、そして被災された方々とともに、放射能汚染の脅威のない平和な世界に向けて、進みたいと思います。そのような世界を享受することは、全ての人々の基本的人権です。私たちは日本から地理的には遠く離れていても、私たちの心はいつも皆さんとともに、被災された方々とともにあります。

 

Message to the people of Japan from ICBUW on the Eastern Japan Great Earthquake, tsunami and Fukushima disaster
Manchester, March 27, 2011

Members of the Steering Committee of the International Coalition to Ban Uranium Weapons (ICBUW) joining together from several continents, meeting in Manchester, England, send our heartfelt sympathy to the Japanese people, affected by a triple tragedy - an earthquake, tsunami and the human made disaster of a nuclear crisis.

We are deeply concerned about the people who have lost their homes, family members and now face the nuclear disaster - our hearts go out to each and all. We are very much encouraged by the Japanese people who, despite these difficulties and sorrows, are trying to overcome the situation helping each other out.  We join those all over the world who have manifested their solidarity.

In 2006, our Coalition, held a Conference in Hiroshima – on this occasion DU Hibakushas affected by radiation sent out a message to the world. We were very much impressed by our Japanese friends’ ideas and feelings in regard to reaching a world without wars and nuclear radiation tragedies.  At that time, we presented and circulated our wishes through our Hiroshima Appeal.

Our Coalition has been working for the banning of uranium weapons and to support the victims and survivors of such weapons used in wars.  People affected by depleted uranium are suffering not only from destruction caused by wars but also from the additional radioactive contamination of uranium weapons.

Wars are qualitatively different from natural disasters.  However, both the threat of radioactive contamination by nuclear accidents and radioactive contamination by uranium weapons are man made disasters and can be avoided through human and political will.

Uranium weapons are produced with waste from the production of nuclear fuels. Nuclear fuels produced in the United States are exported and used in Japan. The nuclear disaster in Japan and uranium weapons used by the United States government are connected because they both involve nuclear fuel materials. Weapons used in Iraq contaminated the environment and exposed people to radiation. We are facing the same enemy and danger:  that of man made use of radioactive materials.

Even low doses of radiation can cause cancer or leukaemia as years go by. That is a fact. Low levels may not be an immediate danger but will eventually cause certain health effects. It is not correct to downplay the risk comparing it to natural background or medical radiation. We hope that proper emergency management of radiation protection will take place as soon as possible in Japan We must consider exposure to children and pregnant women who are sensitive to radiation and we should protect them. Correct and immediate information should be provided to people. We hope that the threat from the damaged reactors will be minimized as soon as possible for the workers and residents. We dearly hope that people affected by this triple disaster will get back to their normal lives and start a new life again as soon as possible.

We want to go forward together with the people in Japan and those in affected areas to achieve a peaceful world without any threat of radioactive contamination. Enjoying such a world is a basic human right for everyone. Despite the geographic distance between Japan and our countries, our hearts and minds are with you and those who are suffering.